秋田県消防学校の概要

秋田県消防学校

沿  革

昭和24年 4月 5日 秋田県自治研修所内に「秋田県消防講習所」を設置
昭和35年 2月 1日 「秋田県消防講習所」を「秋田県消防学校」に改称
昭和43年 4月 1日 秋田市新屋町に独立校舎として開校
   所  在:秋田市新屋町下川原268番地の4
   工  期:昭和42年 7月〜昭和43年 2月
平成元年 6月27日 現在地に新校舎の建設工事に着手
   所  在:由利本荘市岩城内道川字築館1番地の1
   総事業費:2,251,650千円
   工  期:平成元年 6月〜平成2年 9月
平成 2年 9月 1日 新校舎に移転(防災センターを併設)
平成26年 3月 1日 防災センターをリニューアルし、「秋田県防災学習館」として開館

施設の概要

名    称 構 造 面積(m2) 施  設 ・ 備  考
管理研修棟 3階建 2,079 教室、理化学実験室、視聴覚室、図書室 他
宿泊棟 3階建 1,826 定員80名  宿泊実習室(20室)、食堂 他
屋内訓練場 平屋建 1,802 救助訓練設備、体育トレーニング設備 他
主訓練塔 地上8階、
地下1階
352 迷路・地下道等各種訓練室 他
第1補助塔 6階建 307 救助技術訓練室、高架水槽室 他
第2補助塔 2階建 121 油火災等実験室、耐熱耐煙訓練室 他
水難救助訓練施設     プール(長さ15m × 幅6m × 水深2.5〜4m)
放水訓練場   3,000 30m × 100m 放水壁、貯水槽
危険物火災消火訓練施設      
屋外訓練場   18,000 第1訓練場:13,000m2、第2訓練場:5,000m2
車庫・備蓄倉庫 2階建 1,035 1階:車庫  2階:備蓄倉庫
防災学習館 2階建 1,127 防災シアター、消火体験、地震体験、煙中体験 他


教育訓練の目的

 消防職員及び消防団員に対し、消防の責務を正しく認識させるとともに、人格向上、学術技能の修得、体力の錬成、規律の保持及び協同精神のかん養を図り、もって公正明朗、かつ、効率的に職務を遂行し得るようその資質を高めることにより、地域住民の信頼と負託に応える近代消防人を養成する。




平成29年度教育訓練体系






平成29年度教育訓練計画






秋田県防災学習館




このページの先頭へ↑