消防とは?

(1)消防団と消防本部(消防署)ってどう違うの?

 「消防組織法」第9条で、『市町村の消防機関として 1消防本部 2消防署 3消防団 の全部又は一部を設けなければならない』と定められています。これらの機関がどのような役割を果たすのか、簡単にお話しましょう。

① 消防本部
 消防本部は、消防の任務を遂行するための必要な予算、庶務、企画立案及び人事等の事務を行います。

② 消防署
 消防署は、第一線の活動部隊としての役割を果たし、火災、災害及び人命の救助救出に直接携わるとともに、火災予防活動に従事します。

③ 消防団
 消防団は、消防署と協力して火災、災害及び人命の救助救出に出動するとともに、火災予防の啓蒙普及活動を行います。


(2)消防団員は特別職の地方公務員です。

 消防の仕事が本業でも副業でもありませんが、消防団員として任命されると地方公務員法 第3条 三の五に「非常勤の消防団員及び水防団の職」と明記されているとおり、立派な特別職の地方公務員になります。


(3)消防団の活躍

 消防団員は、消防や防災に関する知識や技術を習得し、火災発生時の消火活動、地震や風水害等の大規模災害発生時における救助救出活動、避難誘導、災害防ぎょ活動などに従事し、住民の皆さんの生命や財産を守るために活躍しています。
 また、災害発生時だけではなく、平常時においても、戸別訪問による防火指導、応急手当の普及指導、特別警戒など地域防災力の向上のため重要な役割を果たしています。


(4)あなたも消防団員になりませんか?

 消防団は、それぞれの職業を持った地域住民の方々が、「自分たちのまちは自分たちで守る」という郷土愛護の精神に基づき、本人の自由意志により入団された人たちの集まりです。あなたも消防団活動に参加してみませんか?
 消防団員になるには、あなたのお住まいの市町村役場、または消防本部にお問い合わせください。


このページの先頭へ↑


消防団の活動

(1)消防団の活動

◯ 消防団は、市町村の非常備の消防機関と位置付けられています。

 その構成員である消防団員は、権限と責任を有する非常勤特別職の地方公務員で、他に本業を持ちながらも、「自らの地域は自ら守る」という郷土愛護の精神に基づき参加し、消防・防災活動を行っています。


◯ 消防団は、 ・地域密着性(消防団員は管轄区域内に居住又は勤務)
        ・要員動員力(消防団員数は消防職員数の約6倍)
        ・即時対応力(日頃からの教育訓練により災害対応の技術・知識を習得)

といった三つの特性を生かしながら初期消火や残火処理等を行っているほか、大規模災害時には住民の避難誘導や災害防御等を、また、国民保護の場合は住民の避難誘導を行うこととなっています。


◯ また、消防団は、平常時においても地域に密着した活動を展開しており、地域の消防防災力の向上や地域コミュニティの活性化にも大きな役割を果たしています。


(2)活動の状況

◯ 消防団員は、地域に居住又は勤務する方々で構成され、地域に密着していることから、地理や住民の居住先等の地域情報を十分に把握しているため、大規模災害時には特に能力を発揮しています。


◯ 一方、平常時の活動としては、訓練のほか、応急手当等の普及・指導や防火のための住宅訪問の実施、広報誌の発行など、活発な活動が行われています。


◯ また、年々増加傾向にある女性消防団員は、一人暮らし高齢者宅への防火訪問、応急手当の普及啓発、予防広報など平常時の活動に幅広く活動しています。


(3)消防団員の出動状況[秋田県]


  出 動 回 数 出 動 延 人 数
平成25年 平成26年 平成27年 平成25年 平成26年 平成27年
火   災 308 320 318 10,015 9,303 10,694
救   急 0 0 0 0 0 0
風水害等の災害 102 59 46 5,838 1,614 930
演習・訓練 689 835 722 47,097 46,607 44,895
広報・指導 152 768 760 4,621 8,886 11,158
特 別 警 戒 427 437 424 22,310 25,764 23,904
捜   索 46 43 46 1,082 1,106 1,166
そ の 他 420 1,235 1,278 21,573 19,746 19,837
2,170 3,697 3,594 116,272 113,026 112,584

(出典:秋田県「消防防災年報」)


このページの先頭へ↑



消防職・団員数の推移

(1)消防職・団員数の推移

 本県の平成28年の消防団員数は、17,177人で昭和31年の36,174人の47.5%となっております。
 ここ数年間は毎年、平均約100人減少していますが、平成28年は平成27年に比べ、約143人減少し、近年では大きな減少数となっています。


(各年4月1日現在  単位:人)

秋   田   県 全       国
邦暦 西暦 消防本部 消 防 団 消防本部 消 防 団
本部数 消防吏員数 団 数 団員数 本部数 職員数 団 数 団員数
昭31 1956 495 93 36,174 383 31,864 5,332 1,830,222
昭41 1966 530 72 27,914 640 50,806 3,818 1,301,702
昭51 1976 1,438 70 24,400 869 107,632 3,673 1,105,299
昭61 1986 1,561 67 23,497 933 129,610 3,650 1,026,224
平 8 1996 17 1,885 67 21,112 925 148,989 3,636 972,078
平18 2006 13 1,995 39 18,712 811 156,758 2,584 900,007
平19 2007 13 1,997 37 18,369 807 157,396 2,474 892,893
平20 2006 13 1,992 33 18,191 807 157,860 2,380 888,900
平21 2009 13 2,004 32 18,052 803 158,327 2,336 885,394
平22 2010 13 2,004 32 18,029 802 158,809 2,275 883,698
平23 2011 13 1,987 32 17,875 798 159,354 2,263 879,978
平24 2012 13 1,978 32 17,677 791 159,730 2,234 874,193
平25 2013 13 1,988 32 17,544 770 160,392 2,224 868,872
平26 2014 13 1,994 32 17,491 752 161,244 2,221 864,347
平27 2015 13 1,992 32 17,320 750 162,124 2,208 859,995
平28 2016 13 1,997 32 17,177 733 163,043 2,211 856,278

(2)女性消防職・団員数の推移

 消防団員が減少を続けている中、女性消防団員は逆に増加傾向にあります。
 本県の場合、全国と比べ、1消防団当たりの平均女性消防団員は11.1人(全国 10.8人)と全国とほぼ同数ですが、女性消防団員の占める割合は2.07%(全国 2.79%)と低い水準にあります。


(各年4月1日現在  単位:人、%)

秋   田   県 全       国
邦暦 西暦 女性消防吏員 女性消防団員 女性消防職員 女性消防団員
吏員数 割 合 団員数 割 合 職員数 割 合 団員数 割 合
平18 2006 2 0.10 95 0.51 2,961 1.89 14,665 1.63
平19 2007 1 0.05 107 0.58 3,134 1.99 15,502 1.74
平20 2006 6 0.30 119 0.65 3,283 2.08 16,699 1.88
平21 2009 10 0.50 150 0.83 3,485 2.20 17,879 2.02
平22 2010 12 0.60 176 0.98 3,646 2.30 19,043 2.15
平23 2011 13 0.65 199 1.11 3,806 2.39 19,577 2.22
平24 2012 18 0.91 221 1.25 3,952 2.47 20,109 2.30
平25 2013 22 1.11 248 1.41 4,124 2.57 20,785 2.39
平26 2014 27 1.35 317 1.81 4,290 2.66 21,684 2.51
平27 2015 31 1.56 324 1.87 4,425 2.73 22,747 2.65
平28 2016 33 1.65 355 2.07 4,597 2.82 23,899 2.79

(総務省消防庁・秋田県総合防災課)


このページの先頭へ↑



秋田県の大火・地震等災害年表(昭和21年以降)

(注)大火とは、罹災家屋が概ね200戸以上のことをいう。


発生年月日 西暦 区分 発生場所 被 害 の 状 況
昭和21年 5月17日 1946 火災 北楢岡村 出火原因は不明、住家92戸、非住家75棟を全焼
(現・大仙市神岡)
昭和24年 2月20日 1949 火災 能代市 ストーブの残火の不始末から出火し、死者3人、負傷者874人、住家1,296戸、非住家942棟を全焼
昭和24年 5月11日 1949 火災 米内沢町 住家、役場、郵便局など222棟を全焼
(現・北秋田市森吉)
昭和25年 6月 1日 1950 火災 鷹巣町 取灰の不始末から出火し、負傷者242人、住家520戸、非住家149棟全焼のほか、地方事務所、警察署、郵便局を焼失
(現・北秋田市鷹巣)
昭和30年 5月 3日 1955 火災 大館市 出火原因は不明、死者1人、負傷者20人、住家150戸、非住家195棟を全焼
昭和31年 3月20日 1956 火災 能代市 七輪コンロの残火の不始末から出火し、負傷者19人、住家1,156戸、非住家319棟を全焼
昭和31年 8月18日 1956 火災 大館市 タバコの不始末から出火し、負傷者16人、住家692戸、非住家629棟を全焼
昭和32年 5月10日 1957 火災 神岡町 子どもの火遊びから出火し、住家164戸、非住家124棟を全焼
(現・大仙市神岡)
昭和32年 8月12日 1957 火災 秋田市
(県庁)
午前10時55分頃、県庁2階人事課、財政課の天井裏付近から出火し、木造2階建2,500坪のうち1,600坪と隣接している農林部庁舎、県議会議事堂を全焼
昭和43年10月12日 1968 火災 大館市 たき火の不始末から出火し、住家141戸、非住家149棟を全焼
昭和58年 5月26日 1983 地震 能代市・男鹿市等海岸部  〔日本海中部地震〕
マグニチュード7.7、全体の被害は死者104人、家屋等の損失1,584戸、うち秋田県内の死者は83人
平成 3年 9月28日 1991 台風 県全域 〔台風19号(暴風雨、熱風、塩風)〕
死者5人、負傷者166人、住家全壊60棟、半壊420棟、一部損壊15,793棟など
平成17年12月~
    平成18年 2月
2005
  ~
2006
豪雪 県全域 〔平成18年豪雪〕
死者24人、負傷者229人、住家半壊3棟、一部損壊507棟 東北・北陸地方全体の死者は150人
平成19年 9月17日 2007 豪雨 北秋田市
・鹿角市
等県全域
死者1人、行方不明者1人、負傷者5人、住家全壊6棟、半壊226棟、一部損壊3棟、住家床上浸水285棟、床下浸水667棟非住家浸水96棟など
平成20年 6月14日 2008 地震 県南部・
中央部
〔岩手内陸南部地震〕
県内の震度は5強~2、行方不明者2人、負傷者21人、住家半壊1棟、一部損壊9棟 ほか
平成21年10月30日 2009 竜巻 能代市 負傷者1人、住家半壊2棟、一部損壊4棟、非住家全壊9棟、半壊4棟など
平成22年12月~
    平成23年 3月
2010
  ~
2011
豪雪 県全域 〔豪雪〕
死者21人、負傷者234人、住家半壊1棟、一部損壊195棟、非住家全壊90棟、半壊38棟 ほか
平成23年12月~
    平成24年 3月
2011
  ~
2012
豪雪 県全域 〔豪雪〕
死者14人、負傷者194人、住家全壊1棟、一部損壊51棟、非住家全壊76棟、半壊33棟 ほか
平成24年 4月 3日 2012 暴風 県全域 〔暴風・暴風雪〕
負傷者18人、住家半壊2棟、一部損壊2,848棟、非住家全壊半壊311棟 など
平成24年12月~
    平成25年 3月
2012
  ~
2013
豪雪 県全域 〔豪雪〕
死者19人、負傷者215人、住家一部損壊47棟、非住家全壊57棟、半壊21棟 ほか
平成25年 8月 9日 2013 豪雨 県全域 〔豪雨・地すべり〕
死者6人、負傷者2人、住家全壊5棟、半壊17棟、非住家全壊11棟、半壊1棟 ほか
平成25年11月21日 2013 豪雨 由利本荘市矢島 〔豪雨・土砂崩れ〕
死者5人、負傷者1人、市道沢側の法面長さ40メートル、幅40メートルにわたり崩落
平成25年11月~
    平成26年 3月
2013
  ~
2014
豪雪 県全域 〔豪雪〕
死者17人、負傷者144人、住家一部破損15棟、非住家全壊41棟、半壊19棟 ほか
平成26年12月~
    平成27年 3月
2014
  ~
2015
豪雪 県全域 〔豪雪〕
死者11人、負傷者83人、住家半壊3棟、住家一部破損48棟、非住家全壊29棟、半壊32棟 ほか

(秋田県総合防災課)

このページの先頭へ↑